2020年度学術大会
特別企画「危機と法哲学」

2020年度の学術大会は、新型コロナウィルス感染症の影響により延期となりました。その代替措置として特別企画を開催すべく、2020年8月の理事会決定により「法哲学年報」対策プロジェクト・チームが設置され、理事長の委嘱により、理事3名がその委員に就任しました。
プロジェクト・チームは、今般の事情を斟酌して、テーマを「危機と法哲学」と設定しました。このテーマに関連する8本の報告を、ここに掲載します。これらの報告は、加筆修正のうえで、『法哲学年報 2020』に掲載予定です。報告をよりよいものにすべく、会員の皆様におかれまして、奮ってご質問をお寄せいただきますようお願いいたします。質問は、「質問フォーム」をご利用ください。その後、皆様からの質問に対する応答を掲載する予定です。

「法哲学年報」対策プロジェクト・チーム
委員長・理事 瀧川 裕英
理事 濱 真一郎
理事 山田八千子


2021年3月01日~3月15日:報告の掲載および質問の受付
2021年3月29日~4月12日:質疑応答の掲載

報告内容へのアクセスに際しては、1月11日付で会員に郵送された文書に記載されているIDとパスワードが必要です。また、大文字と小文字の入力間違いにご注意ください。なお、不明な場合は学会事務局までメールでお問い合わせください。


(2021/03/01)公開を予定しています。

聴講をご希望の方へ

学術大会は会員以外の方でも聴講していただけます。

事前の申し込みは必要なく、大会当日に会場受付にて申込みの上、聴講料1,000円(両日分)を納めていただきます。なお、学会開催案内(報告要旨集を含む)の配布は会員に限定されておりますので、当ホームページに掲載される報告要旨を、前もってご参照ください。

ページの先頭へ